読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊の食レポ・おすすめのレストラン♪

韓国産まれ育ち、埼玉在住、都内勤務。 日本在住9年目のフードアナリスト、タベアルキスト。 趣味はレストラン、スイーツなどの食べ歩き、ミュージカル観劇、乗馬、セルフジェルネイル♪ 大のアイス好き、甘党です♡ 都内を中心にイタリアン・フレンチ・和食・トルコ・スペイン・ベトナム・タイ料理など、美味しいとこなら、どこでもなんでも好き♪ 食べ歩きを中心に韓国レストラン情報、日常の色々なことを書いて行きます♪

情熱溢れるシェフが創り上げる、代々木上原「Gris(グリ)」

食べ歩き

f:id:eunsil:20170326103603j:image

噂では聞いていました。すごいレストランが代々木上原にあると。

 

2016年の3月から新しく代々木上原の「Gris(グリ)」に着任された鳥羽 周作シェフ。

 

元学校の教師だった鳥羽氏は、32歳でお料理を始めてまだ6年という変わった経歴の方です。
最初はイタリアンから始め、某有名フレンチレストランでも修行されて、短い期間ではあるけど、遅いからこそ誰よりも一生懸命で誰よりも頑張れたのではないかなと思いました。

 

とにかくこの熱くて燃え尽きそうな鳥羽氏のお料理がとても楽しみで仕方がありませんでした♪

 

店内はカジュアルながらもシンプルでモダンな印象。

 

ディナーメニューは季節の食材を生かした9皿のコース一本。(¥7,000税・サー別) 

 

ドリンクはペアリングで頼むことを強くオススメします!!
ソムリエの外山 博之さんが手がける6杯構成のペアリングは、アルコールとノンアルコールの2種類のがあるので、飲めない方も安心。
特にノンアルコールペアリングは、アルコールペアリングで選んだお酒の要素を色々な食材の組み合わせてその味やイメージを再現。
これが本当にすご過ぎて、感動してしまいました!

 

・中国緑茶

f:id:eunsil:20170326103647j:image
まずは中国の緑茶で身体も心もほっこりとあたたまり、癒されます。

 

ノンアルコールのペアリングで使う食材の組み合わせを見せていただきました♪ 

f:id:eunsil:20170326103705j:image


これから本当にスタートなのですね!楽しみぃぃー!\(//∇//)\

 

ウイスキーオーク リンゴ 草野さんの蜂蜜

f:id:eunsil:20170326103724j:image
シャンパンの代わりに最初の乾杯ドリンクで出てきたこちら。
林檎と蜂蜜、乳酸、ウィスキーオークでほろ苦い感じや少しの甘味、酸味が楽しめました。

 

・長谷川さんのマッシュルーム

f:id:eunsil:20170326103753j:image
フリットにしたマッシュルームは塩のみのシンプルな味付けで素材の味が楽しめます。
マッシュルームは濃厚な味わい❤️

 

・カカオニヴ フォアグラ 桜

f:id:eunsil:20170326103807j:image
盆栽に見立てた可愛いフォアグラのマカロン
こちらは普通に想像できるフォアグラのアミューズの次元を超えていました✨
石に見立てたカカオニヴとトンカ豆のほろ苦さとバニラのような甘い香り、中には西京味噌白インゲン豆のピューレ、桜のジャムで優しい甘みや桜の塩気。食感や味わいともに絶妙なバランスが取れていて、まるで緻密に計算されたような一口。 

 

・林檎 ドライトマト ウイスキーオーク

f:id:eunsil:20170326103829j:image
林檎を漬け込んだコントレックスドライトマトから取ったジュースを酸化熟成してコクが良く、岩塩由来のミネラル感が楽しめます。 

 

・岩中豚 ドライトマト 菜の花

f:id:eunsil:20170326103844j:image
いきなり冷しゃぶが来たー!(笑)
上は林檎ジュースの泡と、ドライトマトから取ったお出汁に根セロリを合わせたスープ。
たっぷりの菜の花をお肉で巻いていただきます。程よい酸味と甘みが楽しめるさっぱり感が特徴的な冷製豚しゃぶ。

 

・カンパーニュ

f:id:eunsil:20170326103859j:image

 

・米麹 グレープフルーツ ラムネ

f:id:eunsil:20170326103911j:image
これめちゃ感動したー!
グレープフルーツの皮と甘酒、ラムネを組み合わせたドリンク。
ノンフィルターワインの濁った感じやほろ苦さの再現は本当感動するしかない!

 

・銚子 一山いけすの鰆 西京味噌 蕗の薹

f:id:eunsil:20170326103926j:image
すきやばし次郎」さんにも仕入れているという、ものすごい鰆がいただけました!!なんと6キロ越えの鰆。
「Gris(グリ)」の名物のものすごい鯖が私が食べれないので残念だと思っていたけど、こちらが食べれて本当によかった!!(≧∇≦)

f:id:eunsil:20170326103942j:image
鰆は5日間熟成させて水分を抜いたところに脂が浸透してほろほろの食感。脂の甘味や香ばしさとともに口のなかで溶けます。
ソースは白ワインと西京味噌のクリームソースに蕗の薹で春の訪れを感じさせる。
パウダーは有名なふじっ子の塩昆布w

 

・小麦 オリーブオイル にんにく

f:id:eunsil:20170326103958j:image
お口直しで出てきたのは、アーリオオーリオパスタ。
使用しているのは、こちらの激うまオリーブオイル「セドリック・カサノヴァ」。

f:id:eunsil:20170326104017j:image
美味しいオリーブオイルでシンプルにいただきます。

 

・オレンジ クランベリー 昆布

f:id:eunsil:20170326104056j:image
ミネラリーでさっぱりした酸味が楽しめる一杯。昆布で旨味を足した発想に感心!!!

 

・ビーツ 蛸 墨

f:id:eunsil:20170326104110j:image
この美しくシックなお皿は、実はオシャレなたこ焼きw

f:id:eunsil:20170326104123j:image
蛸とイカ墨のリゾットの組み合わせと、甘酸っぱいビーツは紅生姜のような印象で面白い一皿でした。

 

・ざくろ トレビス ウイスキーオーク

f:id:eunsil:20170326104138j:image
一番感動したドリンクはこちら!
赤ワインの土っぽい印象をトレビスの苦味で出して、グリオットとブルーベリーの程よい酸味や甘味。とても個性的な味わいで素晴らしい香りでした!これはボトル売りしてほしいぐらい❤️

 

・鴨 醤 葉玉ねぎ

f:id:eunsil:20170326104152j:image
北海道の合鴨はしっかり目の火入れで、あえて肉汁を閉じ込めない調理法に。
オンドボーと塩のソースで肉汁たっぷりの鴨がいただけます♪

・苺 よもぎ ゴルゴンゾーラ

f:id:eunsil:20170326104206j:image
乾燥されたものとフレッシュなものの2種類のよもぎを使ったデザート。酒粕のアイスに苺を添えて中にはゴルゴンゾーラチーズが。
混ぜていただくと塩気が心地いい激うまアイスの誕生!
外山さんが何度もハーゲンダッツと言っていたけど、ハーゲンダッツをはるかに越える上品な美味しさでした✨

・草野さんの蜂蜜 グレープフルーツ エルダーフラワー

f:id:eunsil:20170326104224j:image
デザートワインもノンアルで再現してくださいました!
草野さんのアカシアの蜂蜜を使った素晴らしいドリンクが完成。

f:id:eunsil:20170326104240j:image

余韻が長い上品な蜂蜜の甘味とエルダーフラワーやグレープフルーツの青さが気持ちいい。

 

・チーズケーキ ペルノー ウイキョウ

f:id:eunsil:20170326104258j:image
ウイキョウを使ったレアチーズケーキ(笑)
鳥羽さんは野菜を使ったデザートをつくるのが好きだそうです。
それをブンタンやクミンのクッキーの組み合わせでスパイシーながらもまろやかな甘味。
ウイキョウのサラダは厚めにしてシャキシャキの食感、クッキーのサクサクとチーズの優しい口当たり、弾けるブンタンまで言葉では表現し切れない最高のデザート❤️

 

最後はコーヒー、ハーブティールイボスティーの3種から選びます。

f:id:eunsil:20170326104311j:image

 

ルイボスティー

f:id:eunsil:20170326104324j:image

 

初体験の「Gris(グリ)」は、噂通り凄かった!!


鳥羽シェフの熱い想いが盛り込まれているお料理は、一言でいうと「シンプル」。

お皿の上に味の要素として必要もの以外は一切載せないというのがポリシーで、余計な装飾とかはしない。
しかし、シンプルな盛付けの中で華やかさを引き出して、その結果完成されたお皿はとても美しくて洗練されたもの。
さらにシンプルな味付けで旨味を劇的に引き出してくれます。

 

ペアリングも素晴らしすぎた!!
2人以上で行かれる際は是非アルコールとノンアルコールを両方頼んで飲み比べてみてください。新しい発見と驚きがきっとあるはず❤️

 

温かみが溢れるグリが大好きです!!

 

Gris
03-6804-7607
東京都渋谷区上原1-35-3
http://gris-yoyogiuehara.com/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村 

滋賀の名店が銀座に移転オープン!「銀座しのはら」

食べ歩き

f:id:eunsil:20170320113458j:image

滋賀の名店「しのはら」が2016年10月に銀座に移転オープン。


周りの仲間たちが連日のように訪問して大絶賛していて、とても楽しみにしていました!

 

最近また記事がすごい溜まってきていて、、、
行ってきたのはかなり前で、こちらは2017年の1月下旬の記事です(^^;;

 

1月終わりでしたが、新年らしいお料理をたくさんいただき、遅いお正月をこちらで堪能することができました!
(実際お正月には何も正月っぽいことやってなかったしw) 

 

店内は美しいL字のカウンター席が11席。

f:id:eunsil:20170320113738j:image
メニューはおまかせコース1本のみで、毎月変わります。(¥23,000)

 

まずはシャンパンをいただきます。

f:id:eunsil:20170320113751j:image
写真を撮り忘れたけど、
確かモエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル NVをボトルでいただきました。

 

最初はお茶を出していただきます。
・香煎茶

f:id:eunsil:20170320113814j:image
残念ながら昆布茶はどうしても慣れません(^^;;

 

・先付

f:id:eunsil:20170320113837j:image
素敵な貝殻の器に出てきました。
自家製の胡麻豆腐の上には蝦夷鮑、雲丹、白魚、岩茸、京人参、大根、花穂紫蘇などなど。上には土佐酢の煮凝りをかけています。
贅沢で華やかな一品でテンションが上がります♪

 

・お椀

f:id:eunsil:20170320113919j:image
蓋を開けた瞬間柚子の香りが漂います。
お雑煮風ということで、松葉蟹の真薯、焼いた餅、青味大根、神場草に金箔を散らして新年らしい華やかなお椀です。
クリアな印象のお出汁は深みもあり、ホッとする味わいでした。
お出汁と真薯を交互に食べると味のバランス取れて非常に美味しくいただけます。

 

・お造り

f:id:eunsil:20170320113936j:image

f:id:eunsil:20170320113947j:image
①明石の針烏賊
山葵か柑橘とお塩を合わせた酢橘塩でいただきます。烏賊食感はもちろん甘みを楽しめました。
②藁でさっと炙った玄界灘鰆の上にキャビアの塩気と巣立ちを絞っていただきます。
③大間の黒鮪はキューブ状の昆布醤油を1/4に程度に切って上に載せて大根おろしと山葵添えていただきます。

 

・柚子釜

f:id:eunsil:20170320114002j:image
柚子の器の中には旨味たっぷりの雲子(白子)。
下には滋賀の甘い酢飯と餡をかけて柚子釜で蒸しています。

f:id:eunsil:20170320114019j:image

優しいさっぱり味わいの酢めしで身体が浄化される気分(笑)

 

・八寸

f:id:eunsil:20170320114107j:image
圧巻の八寸が出てきました。
こちらは2人前で各自お皿に移していただきます。

f:id:eunsil:20170320114347j:image
あまり聞いたことのない名前ばかりで、聞き取るだけで必死でした(笑)


でてきたのは、以下の通り。

琵琶湖のホンモロコの塩焼き
葛屋の中に能登のなまこ
トラフグの白子和え
卵真薯とその上には山形の郷土料理熨斗梅
海鼠腸
クワイ
子持ち昆布
明石の穴子
神奈川県佐島の蛸
大阪富田林の海老芋の唐揚げ
小巻海老
酢蓮根
琵琶湖の青首鴨

 

まず温かいうちに泳いでいるようなホンモロコの塩焼きを食べてくださいとのこと。

f:id:eunsil:20170320114138j:image
お造りの前に本当に泳いでいたホンモロコを見せていただきました!

f:id:eunsil:20170320114202j:image
頭がついているお魚は苦手だけど、ふわっとした身がとても美味しかったです。

 

途中からはノンアルコールのシュワシュワぶどうジュースのポールジローをいただきました♪

f:id:eunsil:20170320114259j:image

 

・フォアグラの最中

f:id:eunsil:20170320114329j:image
こちらは手で直接渡される滋賀の時からのスペシャリテというフォアグラの最中。
フォアグラはお出汁で炊いて和の風味をいかしていて、真ん中のあんぽ柿の甘みと最高の組み合わせでした。
遊び心がうかがえるところですが、全体の流れを崩すことなく、和に溶け込んでました(笑)
サクサクの最中でいただくと、これは幸せな気分。

 

・揚物

f:id:eunsil:20170320114409j:image
ゼラチン質たっぷりのすっぽんとフカヒレの春巻き。

f:id:eunsil:20170320114429j:image

皮はパリパリと揚げて、仲はとろとろで人生一贅沢な春巻きかもー!

 

・焼物

f:id:eunsil:20170320114449j:image
骨付きの焼きすっぽんと蕪。
炭火で焼いたぷりぷり柔らかいお肉をお塩と山椒でいただきます。すっぽんっえこんなに美味しいんだー!

 

ツキノワグマのロースの鍋

f:id:eunsil:20170320114516j:image
セリと一緒にお鍋にしていただきました。

f:id:eunsil:20170320114529j:image
熊の脂身のスープはほんのり甘みやコクがあり、旨味が広がります。

 

・甘鯛ご飯三パターン

f:id:eunsil:20170320114553j:image
①甘鯛と蕪の菜っ葉ご飯

f:id:eunsil:20170320114605j:image
②甘鯛と蕪の菜っ葉ご飯+伊勢海老の餡掛けと汲み上げ湯葉

f:id:eunsil:20170320114616j:image
③甘鯛と蕪の菜っ葉ご飯+熊のスープのかき卵

f:id:eunsil:20170320114631j:image

f:id:eunsil:20170320114643j:image

最初出てきた時すごい量少ないーと思ったら、三パターンで食べれるとは嬉しすぎる❤️
ほんのり甘みが漂い、とても上品な味わいの甘鯛ご飯を餡掛けと熊のスープでまたアレンジして楽しめました。たっぷりの旨味がじんわり広がります。

 

・甘味

f:id:eunsil:20170320114717j:image
おせち菓子の曙
薄ピンクのつくね芋、ユリ根と卵黄を合わせたきんとんです。

 

・抹茶

f:id:eunsil:20170320114730j:image

 

店主篠原武将氏が描く日本の自然と情景をこの3時間の食事で満喫してきたような気分です。
コース全体がストーリー性を持っていて、その流れがびっくりするほど自然で洗練されている印象。たくさんのものを一気にいただいたにも関わらずごちゃにならない。

温かみのあるサービスや雰囲気、素敵なプレゼテーションで最高に楽しい食事でした。

 

また是非伺いたいです!
ご馳走様でした(≧∇≦)✨


銀座 しのはら
03-6263-0345
東京都中央区銀座2-8-17 ハビウル銀座2 B1
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13200949/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村 

舌がとろける絶品鉄板焼き「表参道 うかい亭」

食べ歩き

f:id:eunsil:20170318141238j:image

いつからか年に一度は「うかい亭」でと決めていて、今回は表参道のうかい亭を訪問。

待合室からラグジュアリーな空間です。


お食事は豪華カウンター席で堪能してきました。

f:id:eunsil:20170318141416j:image

f:id:eunsil:20170318141337j:image
個室で鉄板を独り占めするのも良さそうだけど、開放感溢れるこの空間が最高に楽しくてテンションが上がります。

 

最初はシャンパンのロゼをいただき、

f:id:eunsil:20170318141451j:image

メニューはスペシャルコースを頂きました。

・毛ガニとキャビアのジュレ

f:id:eunsil:20170318141511j:image
毛ガニを贅沢に使ってます。一皿目から攻めてきます。

 

・フォアグラとマスカットのロースト

f:id:eunsil:20170318141525j:image
フォアグラの旨味とシャインマスカットの甘味が最高の組合せです。すでに幸せの絶頂。

 

・とうもろこしの冷製スープ

f:id:eunsil:20170318141549j:image
北海道産の糖度が高いとうもろこしを使っていて、これがとうもろこしだけの甘さとは信じられないほど甘い。本当に美味しいとうもろこしでした。

 

・オマール海老のソテー ソースエピス

f:id:eunsil:20170318141712j:image

f:id:eunsil:20170318141643j:image
ソースはオマール海老の頭から取ってイタリアンパセリ、ディルなどの癖が強すぎないハーブを刻んで入れます。バターを使わず、赤パプリカでコクを出しています。
プルプルのオマール海老とフルーツトマト、ソースの絶妙な組合せで、残ったソースはたっぷりパンにつけて頂きます。

 

・うかい亭スペシャリティー 鮑の岩塩蒸し 雲丹ソース

f:id:eunsil:20170318141958j:image
スペシャリティーだけに、これがメインと言われても納得できるほどの満足感。
新鮮な鮑を岩塩で時間をかけて蒸し焼きにします。

f:id:eunsil:20170318141929j:image

f:id:eunsil:20170318141946j:image
ソースは、エシャロットにアサリとハマグリから出汁を取って魚介の旨味が凝縮されているバターソースを入れ、葛粉でとろみをつけます。

中に青海苔を入れて海の風味出して、上に雲丹を載せて完成。付け合せのワカメまで、新鮮な鮑と海の物の相性は間違いなかったです!

 

・うかい特選牛ステーキ

f:id:eunsil:20170318142111j:image

f:id:eunsil:20170318142124j:image

f:id:eunsil:20170318142051j:image
言うまでもなく、最高級のステーキが頂けます。
玉ねぎとにんにくチップ、粗挽きの黒胡椒など、お好みで頂きます。
口の中でプチっと伝わるお肉の旨みは本当に最高でした。

 

最後のご飯は、鮎の土鍋ご飯を牛肉のしぐれ煮に変えてもらいました。

 

・うかい亭特選牛のしぐれ煮土鍋ご飯

f:id:eunsil:20170318142158j:image

f:id:eunsil:20170318142214j:image
山形のつや姫で炊いた土鍋ご飯。中には薄く千切りにした生姜を入れてその風味を増します。

f:id:eunsil:20170318142233j:image
牛肉のしぐれ煮はもちろんご飯と味噌汁だけでも十分美味しかったです。

 

食事が終わったら別席に移動してデザートをいただきます。 


大きなガラス張りの席に案内され、夜景を見ながらデザートをゆっくり楽しむ目的らしいですが、正直夜景というほどではなく、外にテラス席があったので、お天気がいい時は気持ち良さそうでした。

 

デザートはシャインマスカットのクラフティをチョイスしました。

f:id:eunsil:20170318142307j:image
温かいタルトの上にシャインマスカットが贅沢に載せてあり、至福の美味しさでした。

 

最後のプティフールのワゴンが来ます。

f:id:eunsil:20170318142327j:image

お腹いっぱいだったけど、当然全部載せ!!

f:id:eunsil:20170318142345j:image
カロン、生キャラメル、ボンボンショコラなどの13種類をいただきました。

 

本当に贅沢なディナーでした!ご馳走様でした!


表参道 うかい亭
03-5467-5252
東京都渋谷区神宮前5-10-1 表参道ジャイル 5F
http://www.ukai.co.jp/omotesando/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村 

代々木上原で素敵ランチをいただく「イルプレージョ(il Pregio)」

食べ歩き

週末のランチに伺いました。

 

代々木上原駅から徒歩で数分。少し坂の上を登ると左手の建物の2階にあります。


店内はこじんまりとして清潔な印象。
パスタが入っている照明やお花の代わりに置いてあるレンズ豆に生えたプチトマトが個性的。(しかし食べたくて気になってしょうがないw聞いてみたら実際食べる人もいるそうです)

 

メニューはコース一本。 

アミューズ、前菜、パスタ2種類、メイン、デザートの構成で¥4,320(税込・サー別)


お皿に合わせたペアリング(1杯か1/2杯で選べる)がありますが、私には1/2杯も量が多いので連れのワインを一口だけ味見しました。ワインはどれも美味しくてこだわりを感じました。

 

アミューズ

f:id:eunsil:20170315072210j:image
・(左)生ハムとルーコラのピアディーナ
手に直接取っていただきます。
・(右)玉葱のアグロドルチェ
空気をたくさん含んでいる玉葱のアグロドルチェ。一口でなくなりましたが、とても美味しくて次のお料理が楽しみです!

 

前菜
・黒鯛のマリネ

f:id:eunsil:20170315072326j:image
アスパラガス・アボカド・ベルガモット・マジョラム・プリムラ
赤ワインヴィネガーのソースとパッションフルーツ
見た目もお味も華やかなお皿。新鮮な黒鯛の食感とアボカド、パッションフルーツのソース、ベルガモットの香りがすごく好みでした。一緒に出されたワイン(一口しか飲んでないけど)に間違いなく合います!

 

パスタ
秋田県白神山地から届いた山菜のタヤリン

f:id:eunsil:20170315072348j:image
タヤリンとはピエモンテ州の卵黄をたくさん使ったロングパスタのこと。ツルツルっとのどを通りやすくて食感がとても好き。蕗の薹のフリットもサクサク食感でした。

 

・蕎麦粉のスパッツェレ

f:id:eunsil:20170315072446j:image
春キャベツのストゥファート・仔牛のラグー・七味唐辛子
お馴染みのスパッツェレwそういえば最近食べてなかったwキャベツの甘味、仔牛のラグーの旨味で美味しさ倍増です。

 

メインディッシュ
・北海道産鴨胸肉の炭火ロースト

f:id:eunsil:20170315072458j:image
山葡萄のソース
空豆・サヤインゲン・モロッコインゲン・スナップエンドウグリーンピース・エシャロット
低音調理して皮の部分はかりっと焼いています。
ピューレと野菜は豆の盛合せに細かく刻んだエシャロット。

 

デザート
・崩しカンノーリ

f:id:eunsil:20170315072518j:image
よもぎ・リコッタチーズ・ピスタチオ・ ミルクチョコレート・苺
よもぎのカンノーリで和のテイストが加わりました。

 

どれも美味しく素敵なお料理で、とても満足度の高いレストランでした。
今度はワインペアリングでもっと楽しみたいなと思います♪

 

イル プレージョ
03-6407-1271
東京都渋谷区上原1-17-7 フレニティハウス 2F
http://ilpregio.jp/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村 

わんこそばのように出てくるよ!「アンティキサポーリ(Antichi Sapori)」

食べ歩き

恐るべし プーリアスタイル!!!!Σ੧(❛□❛✿)f:id:eunsil:20170311091330j:image

ここめちゃくちゃ面白いです。
普通のイタリアンと一言で定義できないほど郷土色強いプーリア料理です。

 

広尾駅から徒歩数分のとこにあるイタリアン。
席数は90席と広々とした空間です。

f:id:eunsil:20170311091554j:image

 

ここは以前知り合いのシェフに、郷土料理に興味があります、と言ったら、お勧めしてもらったお店。

プーリア州の郷土料理専門店ということ以外、なんの情報もなく、たまたま近くでお仕事だったので訪問。

 

メニューは、ランチコースから選ぶかアラカルトからも注文可能。


プーリア風前菜が気になったので、コースを頼んだんですが、平日のランチだったので1時間以内で食べれるようにお願いしました。余裕ですよとの答え。

 

選んだコースは下記になります。

「プーリア」ランチ ¥2,700
・プーリア風前菜5品
・パスタ
・ドルチェ
・食後酒

 

まず、サービスの方に何種類かパスタ麺を見せていただき、説明を聞いてからその日のパスタを選びます。

f:id:eunsil:20170311091625j:image
お勧めのトロッコリ(プーリアのロングパスタ)を選びました。

 

メニューを決めてすぐあったかいパン3種が出てきました。

f:id:eunsil:20170311091645j:image
一つ目はジャガイモを練りこんでもちもちした食感のフォカッチャ。二つ目は丸い形をした自家製タラッリ。硬めの焼きパンでフェンネルの香りがします。あとはパケットでした。

 

次は前菜。
当然前菜5種盛合せだと思いました。
そしたらいきなり結構大き目の前菜たちが、次から次へと出てきました。

 

・前菜1
自家製の季節野菜のスフォルマート

f:id:eunsil:20170311091703j:image
スフレのようなふわふわオーブン焼き。
中身は赤茄子とスカモルツァが入っていて、下はジャガイモ、周りは人参のソースです。

 

・前菜2
モンテグロッソ伝統料理 パンコット

f:id:eunsil:20170311091727j:image
本来硬くなったパンを無駄にしないための食べ方の家庭料理だそうです。
スープの中に硬くなったパン浸して、下はカリフラワーとチーズのソース、オリーブオイルです。
上の野菜はトマト、西洋からし菜。

 

・前菜3
プーリア州アンドリア直送チーズ ストラッチャテッラ

f:id:eunsil:20170311091746j:image
これ本当に激ウマ!フレッシュな牛乳チーズです。ブッラータの中に入っているあのとろとろチーズです!

 

・前菜4
イタリア産セミドライトマトのフリゼッレ

f:id:eunsil:20170311091803j:image
ドライパンにセミドライトマトを載せてます。
なかなかナイフでは切れないほど硬いです。

 

・前菜5
大麦、アーティチョーク、ジャガイモのティエッラ

f:id:eunsil:20170311091824j:image

前菜量多いっ、、、(^-^;

 

・パスタ
自家製トロッコリ(プーリアのロングパスタ)
カルチョフィ(アーティチョーク)のクレーマと白身魚カラスミとレモン風味

f:id:eunsil:20170311091848j:image
店員さんお勧めのパスタでした。クリームは一切使わず、アーティチョークだけで作っているそうです。トロッコリの食感もかなり好みで、何よりアーティチョークのソースが美味しかったです。ソースたっぷりだっので、パンと一緒に頂きました。

 

パスタの後、
・アーモンド、オレンジピール

f:id:eunsil:20170311091937j:image

味見用で一個ぐらい食べるのかと思ったら、どうやらこれ1人分らしい…多いです…
結局お茶飲みながらオレンジピール結構食べましたw

 

その次に

・アーモンドのセミフレッドゲーキ

f:id:eunsil:20170311092001j:image
セミフレッド好きなので、嬉しかったです。盛り付けも華やかです。プーリアやるじゃん!(笑)

 

最後にまた出てきました。


・牛乳チーズの上にカボチャとオレンジジャム

f:id:eunsil:20170311092041j:image

 

すごいスピードで頑張ってなんとか1時間で食べれました。

食べる速度は負けないほうですが、さすがにキツかった(笑)メインなしのコースでこれ!(笑)
こんなに出てくるとは本当に想像もしてなかったので、すごい食攻撃された気分で最後笑いました(笑)

 

店員さんもプーリア出身の方がいて、これがプーリアスタイルですよ!と言われ、お店出る時は素直にプーリアマジすげーと思いました。

 

全体的に今まであまり食べたことない料理ばかりで面白かったです。とくにパンを上手に使ってるとこと、チーズうんまいですね。もっと色々食べてみたいな。

 

次回はディナーでお腹空かして行きます。
ご馳走様でした。

 

アンティキサポーリ
03-6277-2073
東京都港区南麻布5-2-40 日興パレス 1

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13159153/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村 

「Ryunique x Liberte」コラボレーション・ディナーに行ってきました♪

食べ歩き

f:id:eunsil:20170304220711j:image

2017年3月1日〜3月2日の両日間開催された韓国のレストラン「Ryunique(リュニーク)」と麻布十番の「Liberte a table de TAKEDA(リベルテ ア ターブル ド タケダ)」のコラボレーションディナーに行ってまいりました♪

 

韓国の「Ryunique(リュニーク)」はRyu Tae-Hwanシェフが2011年に江南(カンナム)の新沙洞(シンサドン)にオープンしたレストラン。

f:id:eunsil:20170304220805j:image
当時イノベーティブ料理の不毛地だった韓国では先駆け的な存在で、韓国ではRyuシェフをモチーフにしたweb漫画もあるほど、大人気(笑)

f:id:eunsil:20170304220823j:image
出典:http://m.comics.nate.com/main2/webtoon/WebtoonView.php?btno=48736&bsno=424113

 

2015年には「Asia's 50 BEST Restaurants」の27位にランクインしました。

 

先日伺って素晴らしいお料理をいただいた「Liberte」とのコラボはとても楽しみにしていました!!

 

当日は素敵な食べ仲間たちと、海外からの友達も集まり、この特別なイベントをみんなで楽しむことができました。

 f:id:eunsil:20170304220911j:image

お料理は「Ryunique(リュニーク)」の料理が中心で日本の食材を取り入れた感じ。
ペアリングは韓国から持ってきた伝統酒と「Liberte」チョイスのワインをいただきました。

 

まずスタートは、
・Henriot Millesime 2000(フランス)

f:id:eunsil:20170304220924j:image
本当は2006年の予定が特別に2000年のマグナムに変えていただき、更に美味しくいただきました✨

 

アミューズ3種類

・くるみ

f:id:eunsil:20170304220937j:image
食べれるくるみを探してみてください♪とのこと。明らかに中味があるの二つしかないから、それをいただきました(笑)
そしたらキャラメルのくるみ♪
食べ終わって暫く経ってからサービスの方が"殻も食べれますよ"と。えっ?!全然気づかなかった!!

f:id:eunsil:20170304221000j:image
殻は干したじゃがいもを揚げて作ったもの。
元々はキャラメルと一緒にいただくものみたいなので、そのほうが美味しいかも!(笑)

 

・キムチ

f:id:eunsil:20170304221018j:image
この素敵なトンボはキムチで作られています❤️
乾燥キムチを利用してトンボの羽根の質感を表現するしているところが面白い!!キムチのピューレと、尻尾はじゃがいものフリット
頭のところはコチュジャンソース。
尻尾をソースにつけていただきますが、ちゃんとキムチの旨味が伝わり、遊び心溢れる素晴らしい一皿でした!

 

・ブラックプディング-スンデ

f:id:eunsil:20170304221031j:image
スンデ(순대)とは屋台などでよく食べられる韓国のソウルフードで、豚の腸に豚の血液、餅米、春雨などを入れて蒸して作るお料理です。
今回はそのスンデをイメージして、牛バラの中に黒米や椎茸、野菜を入れて、グリーンチリサルサソースでいただきました。
このソースがとても美味しく独特で、クセになりそうな味わいでした❤️

 

・マッコリ(韓国)

f:id:eunsil:20170304221043j:image

 

・鰤大根

f:id:eunsil:20170304221054j:image
鰤を棒状に切って、ネギを焦がしたパウダーを間に挟んでまるく仕上げました。

f:id:eunsil:20170304221106j:image
このもっちもち食感は本当天国😍
ソースは甜麺醤にザクロの甘味み足して作った辛めのソース。
またライムを球体にしたもの、卵黄を使用して固まらせたカラスミをかけて一緒にいただきます。
このピリ辛のソースがとても独特で日本では中々味わえない味。

 

これに合わせる甘〜いマッコリが辛さを和らげてくれます。やはり韓国風の辛い料理にはマッコリがいいですね!

 

・Chateau Muzar 2006/Gaston Hochar(レバン)

f:id:eunsil:20170304221125j:image

 

・牡丹海老・赤紫蘇

f:id:eunsil:20170304221138j:image
北海道の牡丹海老を穂紫蘇とハイビスカスのソースでいただく色鮮やかな一皿。
鶉の卵を揚げたものやフロマージュブラン入り。

 

・Puligny Montrachet 1er Cru Clos de la Mouchere 2013/Henri Boillot(フランス)

f:id:eunsil:20170304221154j:image

 

・鶉 ・参鶏湯
10種類の雑穀を塗した鶉の胸肉。

f:id:eunsil:20170304221209j:image
赤と黄色ビーツのソースでいただきます。
可愛い鶏ちゃんはお芋とチーズで優しい味わい。5羽は食べれそう(笑)

 

参鶏湯

f:id:eunsil:20170304221242j:image

鶉のモモ肉をからし菜で包んでコンフィにしたものと素麺、朝鮮人参の生のスライス、くこのみ、筍、鮑。漢方風味の鶉のコンソメのスープをかけていただきます。参鶏湯は元々保養食なので、元気になりそうな予感です☆

 

・平目・木の芽

f:id:eunsil:20170304221310j:image
全体的に柔らかく火を入れた平目の上にはうるいの葉っぱを乾燥させたものを載せて。
その下はこごみのナムルで春の予感。
ナンプラーとごま油の香りに山椒のスープが加わってエスニックな風味が素晴らしい一皿でした。

 

・Artemis 2012/Stag's Leap(アメリカ) 

f:id:eunsil:20170304221334j:image

 

・韓牛(ハンウ) + 和牛

f:id:eunsil:20170304221348j:image
鹿児島和牛のローストに韓牛の生ハムを載せた真の日本と韓国のコラボでもメニューw
1ヶ月熟成させたトマトコチュジャンソースが激ウマでした!!

 

・Pinot Noir Vin Doux/Funky Chateau(長野)

f:id:eunsil:20170304221416j:image

 

・松 柑橘

f:id:eunsil:20170304221403j:image
松の葉のアイスクリームの舌は液化窒素で凍らせた文旦とはっさくと松の実。
キュウリのスープをかけてさっぱりした味わいのデザート。

 

・SOGOKJU(韓国)

f:id:eunsil:20170304221442j:image
無形文化財の焼酎に朝鮮人参を入れたお酒。これは1ぺろでギブアップ(笑)

 

・生姜 おこげ

f:id:eunsil:20170304221453j:image
生姜のエスプーマの中にはフレッシュなイチゴとお焦げのアイスが入っています。生姜とお焦げの組み合わせって中々良い!
それにイチゴとベリーとミントのソースで面白い組み合わせでした!

 

・抹茶

f:id:eunsil:20170304221507j:image
メレンゲを落として一緒にいただきます。濃厚な味わい。

 

・黒にんにくのチョコ

f:id:eunsil:20170304221520j:image

 

・ティー

f:id:eunsil:20170304221530j:image

 

食べ終わった感想は、本当に感動。
久しぶりにいただいたRyuシェフのお料理は更に進化していて、久しぶりに味わう懐かしい味と旨味がギュッと凝縮されたお料理で幸せに浸りました〜❤️

f:id:eunsil:20170304221544j:image

f:id:eunsil:20170304221554j:image
慣れないキッチンでのお仕事で、頭ぶつかりながら一生懸命にお料理を作っていたRyuシェフ本当にカッコよかった!!

 

食べ終わってから気づきましたが、「ラペ(La Paix)」の松本シェフもお手伝い来てくださって、みんなで写真♪ 

f:id:eunsil:20170304221608j:image

 

次回は3月29日〜30日に韓国の「Ryunique」で「Liberte」の武田シェフのお料理が味わえるコラボイベントが開催されます!

どんな素敵なイベントになるか、既にドキドキ❤️成功をお祈りしてますよー!!*(^o^)/*


関連記事はこちら↓

eunsil.hatenablog.com


RYUNIQUE 류니끄
82) 2-546-9279
韓国ソウル市江南区新沙洞520-1 1F
http://www.ryunique.co.kr/

 

リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ
03-5765-2556
東京都港区麻布十番2-7-14 アザブ275 1F
http://azabu-liberte.com/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村 

天才シェフが創り上げる極上のフレンチ「エクアトゥール(l'equateur)」

食べ歩き

昨年の「カゲロウ(kagero)」以来のこちら。

 

今回は「エクアトゥール(l'equateur)」での訪問です。

f:id:eunsil:20170228232709j:image

住宅街の中にあり、中々分かりづらいところで、一人では絶対辿り着けない…( ; ; )
今回も友達にナビしてもらってなんとかお店に着きました♪

 

中々予約の取れないこちらのお店は、カウンター6席、個室6席というこじんまりとしたレストラン。

 

オーナーソムリエの川島 弘子さんと小野 喜之シェフが創り上げる素敵な世界を堪能してまいりました♪ 

 

今回も個室を貸切して素敵な仲間とワイワイ食事(°▽°)

f:id:eunsil:20170228232734j:image

 

乾杯のシャンパンはエクアトゥールのラベルのBLIARD-MORISET。

f:id:eunsil:20170228232751j:image
超特別感と同時に勢い良い泡とスッキリとした飲み口にテンションが上がります♪

 

いよいよ、楽しいディナータイムスタートです。

 

・スッポンのスープ仕立てのフラン

f:id:eunsil:20170228232810j:image
スッポンの具沢山スープ。
最初から攻めてきました(笑)
上には穂紫蘇、黒胡椒、生姜のスパイシーな味わい。黒胡椒がすごい効いていてアクセントになりました。

 

・黒鮑

f:id:eunsil:20170228232823j:image
この黒鮑のモッチモチ柔らかい食感は一生忘れないかもー!幸せってこんな味なんだろうな(笑)
下はお鮑の肝ソースとお米のピューレ。
実は苦手な鮑の肝ソースがこんなに美味しいものだとは初めて知りました。濃厚ながらもまろやかに仕上がっていてまったく苦手なクセが感じられなかったです。

 

・竹墨のパン

f:id:eunsil:20170228232833j:image
パンも美味い(笑)お代わりしたら違うパンをいただけます。

 

・フグの白子

f:id:eunsil:20170228232846j:image
旨味抜群のとろとろ食感のフグの白子と餡掛けにシャキシャキの水菜とエノキの食感、自家製のカラスミが合わせらせて、これはまるで別世界、新しい体験!

f:id:eunsil:20170228232914j:image
ほんのり柚子の香りと優しい出汁の味が本当素晴らしかった❤️

 

・金目鯛

f:id:eunsil:20170228232929j:image
上にはセリと黒トリュフを載せて、金目鯛の皮はパリッと炙ってスモーキーな印象。
中はさっと火を通して絶妙な火入れです。

f:id:eunsil:20170228232946j:image
下には筍のコリっとした食感とビネグレッドソースでさっぱり感もあり、優しくて繊細な味わいでした❤️

 

・タラバガニの直火焼き

f:id:eunsil:20170228232957j:image
白ワインを使ったたっぷりのフカヒレのソースの下には、、

f:id:eunsil:20170228233009j:image
ぷりんぷりんの美しいタラバガニの身が隠れていました\(//∇//)\
タラバガニはタンパクな味わいで食べ応えがあり、ほんのり焦げ感も楽しめました❤️

 

・和牛リブの肩ロースとオマール海老

f:id:eunsil:20170228233026j:image
薄切りのリブの肩ロースの下にはオマール海老と雲丹が。

f:id:eunsil:20170228233038j:image

肩ロースはこの上ないやわらかさで、オマール海老は身が引き締まっていて、風味が素晴らしい。西洋ワサビのソースとフォンドボーソースでいただきます。
海老芋とクレソン添え。

 

・マナガツオの直火焼き

f:id:eunsil:20170228233052j:image
菜の花のピューレ、ツブ貝、ウド、野生のライムこぶみかんのすりおろしでエスニックな風味。

 

・ズワイ蟹のカッペリーニ

f:id:eunsil:20170228233102j:image
なんとお口直しで冷製カッペリーニとはさすが!
蜆のジュレは旨味が深くてすごい!
それをすごく冷たくして、アイスクリームを食べる時の快感を感じました(笑)
上にはキャビアを添えて、贅沢お口直し。
量もたっぷりで嬉しかったです!!

 

・琵琶湖の鴨

f:id:eunsil:20170228233116j:image
シンプルな炭火焼で鴨の旨味が素晴らしかったです!
エシャロットのソースでいただきました。

 

・レモンのマカロンとストロベリーのアイス

f:id:eunsil:20170228233126j:image
紅茶とカルダモンのソースで美味しくいただきました♪

 

ハーブティーカヌレ

f:id:eunsil:20170228233136j:image

一人一人違うティーカップが出てきて、こだわりを感じます。

 

最初の一皿目から高級食材をふんだんに使って、贅沢なお料理のパレードみたいなディナーでした(笑)
更にその食材の旨味を極限まで引き出す小野シェフの恐ろしいスキルには感心するしかなかった!!本当天才!!!


他では中々体験できない素晴らしいディナーでした。また伺えるといいな、エクアトゥール❤️

 

エクアトゥール
東京都港区元麻布3-6-34 カーム元麻布 2F
http://equa-teur.com/

 

⬇︎この記事が気に入った方はポチッと


にほんブログ村